【着用画有】ジャックパーセルRETカラーズのパープル入荷しました。

こんばんは、ジャックパーセルとパープルをこよなく愛するmeitanteiです。

ついついジャックパーセルを衝動買い、これで4足目です。(足は2本しかない)

でも見てたらオシャレすぎて買っちゃったんだよな。

言うまでもなくジャックパーセルはカッコよく、パープルも高貴で都会的な雰囲気でカッコいい。

ジャックパーセル + パープル = 最高!!!

30代も半ばですがボキャブラリィは減っていく一方です、やばいですね。

百聞一見にしかずなので画像見せながら自慢していきますね。

ジャックパーセルRETカラーズ

まずはジャックパーセルのことからお勉強しよう。

今回購入したパープルはグレー、ブラックなどの通常ラインではなく、「ジャックパーセルRETカラーズ」というお洒落ラインだ。

トゥ部分のラインが特徴的なコンバースのアイコンシューズ「ジャックパーセル」から登場する「ジャックパーセル RET カラーズ」。80年代のレトロなシルエットを踏襲した「ジャックパーセル RET」のカラーアレンジモデルとなっており、アーカイブのような世界観を表現したレトロなカラーリングが目を惹く。

引用元:https://www.fashion-press.net/news/51251

つまり「ジャックパーセルRETカラーズ」は2019年7月より展開されている、80年代のレトロなフォルムを残しつつカラーのみ変えちゃった系のラインだ。

今回僕が購入したパープルとホワイトが1発目のRETカラーズとして、定価9000 + Tax円で発売されていたらしい。ジャックパーセル好きを自称しておきながら知らんかった。

ちなみに僕は楽天で4180円でゲットした。2年前のパープルの在庫が残ってるってことは売れなかったのかな?

ホワイトはともかく、パープルは若干勇気いるもんね。(かっこいいけど履きこなす自信ないよね)

通常ラインとRETカラーズの違いはあるのか

左:ジャックパーセルRETカラーズ 右:通常のジャックパーセル

素人目には通常ラインのジャックパーセルと並べてみても違いがよくわからんが、見る人が見ればわかるのだろう。

  1. シューレースが通常はポリエステルだけど、RETはコットン。
  2. 若干RETカラーズのほうがサイズが大きい?(個体差の可能性あり)

シューレースがコットンになったのは地味に嬉しい。汚れやすいというデメリットもあるが、経年劣化でやれた雰囲気になり、よりかっこよくなっていくのだろう。

僕は26.5cmがジャストサイズだが、ジャックパーセルRETカラーズの方が少し余裕がある。

実物の雰囲気

兎にも角にも実物を見てもらったほうがかっこうよさは伝わるだろう。

可愛さの中にかっこよさも兼ね備えている、イケてますよ兄貴!

紫に白いステッチが可愛らしい
歩いてるととすぐ消えるヒールラベル

さっそく着用してみた

UNIQLOのセルビッジデニムとあわせてみた。濃い目のデニムとも相性抜群。

パープルは好きだったけど、服装的に合わせにくい印象があったが意外とあり。

アクセントカラーとしてはむしろ使いやすいかもしれん。

正面から
サイドから
想定以上にデニムとマッチ

まとめ

黒、白、グレーなどの合わせやすい無彩色を揃えたあとは自分の好きな色のスニーカーを買おう。

小さくまとまることも悪くはないが、やっぱり個性を出すことも忘れずに。

僕はパープルとグリーンが好きなので、次はグリーンのジャックパーセルを狙う。

アディ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です