現代をサヴァイヴすべく格安SIMスマホ+ガラケの二台持ちにしたら通信費半額になった

こんばんは、デジタル派乞食のぼくです。

端末+音声+データ(3GB )

今日はGW真っ只中、のんびりできますねー。 
かくいう私も実家でのんべりだらりしつつ、珈琲をすすりながら、じゃがりこを食らってます。

うーむ、最高だ。 ←最高が安い

雑談はさておき、ここへ来たみなさんはキャリアスマホに嫌気がさしていますね?
もっと言いましょうか。みなさんは格安SIMとSIMフリースマホってどうなの?とそう考えていますね。

なぜわかったの?とそういう顔をしていますね。にやけると周りの人に不審がられちゃいますよー。

ふっふっふ。

ねぎ畑任三郎でした。

さてそろそろauのiPhone5Cを捨てて、Nifmoの格安SIMとASUSのZenFone2 Laser +auのPRISMOID(押入れから引っ張り出してきた)の二台持ちを始めた話をしようかな。

格安SIMにした理由

ふふ、それ聞いちゃいます?笑
すごくシンプルな理由ですよ。

お金がなかったから(^_^)ニコニコ

真実はいつも一つ。それ以上でも以下でもない。
真実はいつだってシンプルなの、ややこしくしているのは人間だよね。
おっといつもの癖で名言じみたことを呟いてしまった。

格安SIMの会社とSIMフリースマホの選び方

冒頭にも書きましたが、今現在愛用している組み合わせは下記のとおり。
正直ベストな組み合わせやとは思っていません。まだまだ安く済ませれる気がする。

データ通信用の格安SIM → Nifmo データ通信専用 5GB/月プラン 1728円
SIMフリー端末 → ASUSのZenFone2 Laserの赤 当時30000円くらい?
通話用のガラケ → 学生時分に使用していたauのPRISMOID 基本料金くっそ安いので1000円くらい?

通勤時間にインターネットサーフィン、Youtube、xvideos等の動画サイトはwifiを介して閲覧するぐらいの使い方であれば、全然Zenfone2 Laserで事足りました。はっきり言って一般市民、人呼んで情弱の僕からしたら世の中のスマートフォンは高機能すぎますね。いくら機能が追加されても、凝り固まった使い方しかしない僕のような怠け者には全く魅力を感じません。僕のような怠け者達はグレードアップなんか望んでなくて、むしろグレードダウン、デチューンしたシンプルなスマホを望みますよね?ね??ね???

 

格安SIMにして良かったこと

大きく分けて2つ。

①通信費大幅節約!!!

元々auのiPhone5Cの利用料金が8000~9000円(機種代込み)

今は格安SIMの1700円+ガラケの1000円で2700円
そこに機種代1250円(30000円/24カ月)足しても3950円
支払い総額3950円。半額ですよ、なんなら半額以下ですよ。

毎月毎月デッドオアアライブ生活を送っとる僕にとって、
4000円は大金ですよ。

②スマホを触る時間が減った!!!

Andoroidに変えてから気付きましたね、iOSがいかに直感的に操作できる設計になっとるかって。
4年間iOSにどっぷり浸かった、iOS漬けの僕からしたら、最初の設定時点で苦行でしたね。
叩き付けそうになる気持ちを抑えて、なんとか使えるようにしました。
設定自体がすごく簡単で、特に苦労した覚えがありませんね。
今(2016/05/02)は何のストレスもなく使えていますが、操作に慣れるまでは結構しんどいかも。
機能的には何の問題もなく、使えております。 by じょうほうじゃくしゃ

格安SIMにして悪かったこと

これね、本当なんだけど、特にないのよね。
強いて言えば、二台持ち歩くのめんどくせ!!!!!ってことぐらい。
変に回線速度が遅いこともないので、快適快適。
ちなみに数年ぶりにガラケにSIMカードさした時の様子↓

yabai

メールセンターで止まっていた512件受信中、、、、、、え、、、、、、、パケ代食いまくるんじゃ、、、、、

( ´_ゝ`)阿呆ですね。

まとめ


  • ・情報弱者(ぼく)、ライトユーザーにはおすすめする。
    二台持ちめんどくせーよカス!って言うものぐささんにはおすすめしない。

・金?有り余ってしょうがねーんだけど(笑)って言う富豪にもおすすめしない。
・SIMフリー端末って馴染みがないから不安って人は心配しなくていい。
・正直言ってキャリア端末と比べても何の遜色もないので快適です。
・貧乏人は四の五の言わず、格安SIMにしよう。 by びんぼうにん

端末+音声+データ(3GB )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です