【新社会人向け】IT系の客先常駐とか特定派遣のリアルを語る②

こんにちは、肩と腰と目がやられた僕です。


wmn0125-001

本日も客先常駐、特定派遣業についての悪口 リアルな話を綴らせて頂こうかなと。

先日自社の上司と評価面談なるものを行ってきました。

特定派遣会社では1年に2回ほど目標設定&評価面談なるものがあります。

売上げを増やすためにいろいろ言われるんですね。

特定派遣で売上げを増やすためには大きく分けて、2種類しか方法がありません。

①自分の単価を上げる
②自分の派遣されている現場に自社の人間を増員する

特定派遣ってのは人を派遣することでしか稼げない会社です。

なので、これくらいしか増やし方がないんですね。

俺の目標は転職のことも視野に入れて、いつも①。

自分の単価を上げるために資格取得頑張ります!!っていう体で

着々とスキルアップを図り、虎視眈々とメーカーのIT部門への転職をねらっとる。

まあそんなことはさておいて。

今回の面談で言われたのは「自社の人間ともっと仲良くしろ」ということです。

僕から言わせると普段別の現場で仕事をしているとなかなか会わないからしょうがないと思うんですけどね。
 
もっというと帰属意識が全くない。

忘年会やイベントで顔合わせると気まずくて仕方ない。

仲良くなるために飲み会に出席しろと言わせたんですけども

僕から言わせると激安の給料なので知らない人と飲みに行くっていうお金の使い方がもったいないんですよね。

はあ、馬鹿らしい。

すぐに打ち解けるタイプじゃない人はいつまでたっても自社の社員と打ち解けれんぞ!

一年に数回しか会わないんだからいつまでたっても同じ距離感のまま。

かといって常駐先とそんなに仲良くなるかというと絶対そうでもない。

どこかでプロパーと派遣の線引きをして接してくる。

悲しいけどこれはしょうがないお話。

つまり特定派遣の人は誰とも仲良くなれない。

人間関係的な意味でも特定派遣だけはやめろと声を大にして言いたい。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です