【新社会人向け】IT系の客先常駐とか特定派遣のリアルを語る③

こんばんは、大企業の奴隷ぼくです。


wmn0137-001

客先常駐の仕事について

なんかここのところ、やけに客先常駐の記事へのアクセスが増えとる。
ははん、新社会人たちがいっぱいぐぐっとるんやな。かわいいのう。
夢をぶっ壊すようで悪いけど、俺は客先常駐(特定派遣)は人間をモノ扱いするファッキンな制度やと思っとる。
特定派遣と客先常駐は同じ意味ね。

僕は28歳独身、特定派遣会社に勤めて4年目だ。(急な物語調)
そろそろスキルもついてきてないとやばいお年頃ですが、いまだにろくなスキル無し。

入社から3年目までは某大手自動車部品メーカーにてテスターをしていました。
晴れの日も雨の日も雲の日も雪の日も、毎日毎日結合テスト試験書作成 or 結合テスト試験書実施。
恥ずかしい話、3年もやっとればそれなりに仕様も理解できるようになり、試験書作成のスピードも速い、若くてイケメンなので人気もありました。
このまま引き抜いてくれるんじゃないかな!俺すごいし!と淡い期待を抱いておりました。(あほ)

がそんな棚からボタモチ的な話は一切なく、客先の業績悪化で契約終了。諸行無常。
一応送別会みたいなのはしていただきましたが、最後はあっけないもんです。
いつも通り「お疲れ様でした」ですべてお終い。
3年間やって身についたのはエクセル資料作成のスピードと多少の仕様理解力と多少のIT知識。

なぜか1日だけ自社に戻され、ろくにしゃべったこともない若い子たちに囲まれ、一人で飯を食ったことを今でも覚えとるなぁ。特定派遣会社はヒトの出入りがクソ激しい&普段自社にいないため、自社の人の名前と顔を覚える習慣がなくなる ← これまじ。
旧友たちと飲みにいった時に、自分の会社の話ができず、悲しい気持ちになる。 ← あるある

今は開発の現場で右往左往していますが、これもろくにスキルが身についてない。
なぜならば、重要な仕事はすべてプロパーが行うから。
いろいろ開発の仕組みに口出ししてね!思ったことは言ってね!って常駐先の上司は言ってくれるけど、なんやかんや言ったところで「あ~なるほどね~」で終わり。
なんじゃこの世界は。

基本的にはプロパーの予定に左右されて、コードレビューができないこともしばしば。
文句を言うとかたっぱしから契約を切られるので、「いや、イイッスヨwwwへへwww」と笑ってごまかす。
学生時代は「天才肌のゴミ」と恐れられた俺も今や常駐先の奴隷とはな。

大体の常駐先は「うちはプロパーも派遣も関係ないからさ!」と言うが、裏では区別しまくっとる。
ただそれが悪いことやとは思わん、当たり前のことやもん。

ごめんね、新社会人のみんな。
悪口かきまくって笑

ただ!!!!!!

本当によく考えてね!!!!!!!!!!!

この業界、年食って白い目で見られとる特定派遣社員は腐るほどおるからね!!!!!

まとめ 

  • 客先常駐は自発的に勉強しないとスキルもくそもないまま年を取る。
  • ITで生きていく気がないなら早くやめたほうがいい。
  • 客先常駐は精神的にしんどい ← まじで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です