「meitantei」について

学生時代怠けに怠けた結果、社会人になって大慌てでいろいろ勉強しています。

職業はIT系、副業でWebライターと探偵を行っております。 この世に解けない謎はありません。

経歴

19XX年 生まれる

19XX年 名探偵コナン、金田一、古畑に従事し、卓越した推理力を得る

19XX年 大学入学後、逆転裁判、リーガルハイ、HEROを主専攻とし、法廷心理学や法廷戦術を学び、リーガルな人間になる

20XX年 大学卒業後、当然の如くフリーターに就職

20XX年 会計事務所へ就職(2ヶ月でやめる)

20XX年 友人のコネでIT業へ就職してしまう

20XX年 テスター→プログラマー、お決まりのキャリアを積む

2019年 業務系SE/PGとしてそれなりの態度で仕事をしている

保有資格

  • 普通自動車運転免許
  • 漢字検定2級
  • 日商簿記2級
  • 応用情報技術者
  • ORACLE MASTER BRONZE 12c
  • 危険物取扱者乙種

工藤新一の経歴

本来は帝丹高校に在学中の2年生である。高校1年の時に、両親の住むロサンゼルスに向かう飛行機の中で発生した殺人事件を解決したことをきっかけに、警察から一目置かれる[2]。その後、数々の事件を解決し[注 2]、「日本の警察の救世主」や「平成のシャーロック・ホームズ」と呼称され、世間に「東の高校生探偵」として名を響かせていた。しかし、幼なじみの毛利蘭とのデート[注 3]後に「黒の組織」の取引現場を目撃したため、口封じのためにジンに試作段階の毒薬・APTX4869[注 4]を飲まされるが、組織も知らない副作用によって幼児化してしまう。命に別状はなかったものの、組織に生きていることが知られると再び命を狙われて周囲の人間も巻き添えにすることになると隣人・阿笠博士から警告を受けたため[5]、帝丹小学校1年生・江戸川コナンと名乗り、蘭と彼女の父・毛利小五郎の家で居候[注 5]。元の姿に戻るために様々な事件を解決しつつ、阿笠や西の高校生探偵・服部平次、「黒の組織」を裏切った灰原哀らの協力を得て、「黒の組織」の陰謀を追っている。灰原によるとアポトキシンを投与され幼児化したのは新一が初めてであり、その他に投与された人物はすべて死亡しているとのことである。[6]

Wikipedia 工藤新一より引用

お前の経歴なげーな